複数あるカギを上手に管理する方法

自宅、オフィス、車といったように複数の鍵を持ち歩く必要が出てくることがあります。いくつも鍵を持っていると、落としてしまったり盗まれてしまったときに鍵がないことに気が付くことが遅れて危険です。

鍵をいくつか持ち歩かなくてはいけないときは、持ち歩く鍵を厳選することも重要になります。鍵をいくつも持ち歩いている方がいらっしゃいますが、その鍵を全てその日のうちに使用するとは限りません。それなのに複数鍵を持ち歩いているので、落としたりなくす危険性が高くなるのです。

その日によって使用する鍵は異なると思いますので、使わない鍵に関しては別の場所に保管しておくのが安心です。保管しておく場所に関しても、鍵がかかるボックスや金庫にいれるなどして他人が簡単に鍵を取り出しできないようにしておきましょう。

また鍵を持ち歩くときですがキーホルダーやキーケースに保管するなどして、鍵が落ちないようにまとめておくようにします。

キーホルダーやキーケースに保管しておいても鍵を落とすこともありますので、時々は本数を確認するようにしておくと万が一鍵を落としてしまったときにすぐにそれに気が付くことができます。

落とした鍵を簡単に複製されないようにするためにも、身分証明書がないと合鍵を作れない鍵にしておくと安心です。