空き巣に狙われにくい鍵とは?

空き巣に狙われにくい鍵とは?いったいどのような鍵があるのでしょうかね。それには、空き巣の十八番でもあるピッキングという手口に強い鍵や今流行りの電子錠などが挙げられるでしょうね。

ところで、ピッキングという空き巣の犯罪手口については、かつてテレビでも話題になりましたが、その渦中となった鍵が美和ロック社のデスクシリンダー錠です。しかも、この鍵のタイプは普及している数が相当多かったために、この鍵のピッキング方法をマスターすれば相当な数に昇る家がオトせるといわれたくらいなのだそうです。もちろん、現在ではそんな鍵は製造中止になっていますが、未だに古い家はこのタイプの鍵が使用されているようなのです。ただし、ディスクシリンダー錠と変わらないくらいにピッキングに弱い鍵には、単純にピン配列が1列のみのピンシリンダー錠も挙げられます。

そこで、肝心のピッキングに強い空き巣に狙われにくい鍵についてですが、まずはロータリーシリンダー錠が挙げられます。このタイプの鍵の場合、回転タンブラーとロッキングバーを採用したシリンダー錠で、とくに回転タンブラーの動きが空き巣にとってはピッキングしにくいのだそうです。そこに、複雑なロッキングバーが加わるために防犯性は随分と高くなります。

それからピンシリンダー錠のタイプになるのですが、ピン配列やピンの数が単一のピンシリンダー錠よりも数段多くなっているディンプルシリンダー錠もピッキングしにくい鍵といわれています。その上この鍵の場合には、鍵屋さんが合鍵を作ることさえ困難であるともいわれています。さらに、この鍵は鍵の裏表というものがないので、暗がりの中で鍵穴に鍵を差し込む際にも手間取るということもないでしょうね。こうした鍵穴に鍵を差し込むタイプの鍵以外にも、上述したような電子錠も防犯性が高いといわれています。この電子錠は、鍵穴自体が存在しないのでピッキングは無理でしょうね。